FC2ブログ

日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神宮♪ > 御神木祭(最終章)♪  

御神木祭(最終章)♪

2008 - 08/17 [Sun] - 09:26

少し間があいてしまいました(汗。
前回は、赤沢の森で伐り倒された「御樋代木(みひしろぎ)」が、郷まで曳かれて「上松駅前」に納められたところまで書きました。

奉安祭1

この「御神木」の前で、「奉安祭(ほうあんさい)」が行われます。

前回(20年前)、この「奉安祭」を行ったのは、地元長野県神社庁木曽支部の神職さん等でした。
今回、「『奉安祭』を、長野県神道青年会で行うように!」といった大変有り難いお話しをいただきました。
20年に一度の「神宮式年遷宮」。
その「式年遷宮」の事始めに当たる「御杣始祭(みそまはじめさい)」。
ここまでは神宮の神職さんでなければ携わることが出来ませんが、地元神職しか奉仕することの出来ない「奉安祭」に携わることが出来るなんて最高のことです。

しかも、長野県神道青年会にですから、20年に1度のこの年に年齢制限(40歳まで)のある当会に所属していなければ奉仕できません。
奉仕することができる幸せ、会員全員が同じ思いだったと思います。
(自己満足で書いています…笑)
しかも、この偶然の年に、偶然にも会長という役回りで斎主の奉仕をさせていただけるなんて…。

奉安祭2

小雨交じりのお天気、道中は雨も降っていましたが、「奉安祭」に向けて次第に雨が上がってきました。

奉安祭3

入念なリハーサルを繰り返し、いよいよ本番を迎えます。
沿道には1000人くらいの観客(参拝者)、緊張は増すばかり。
その間を縫って参進(入場)です。

奉安祭4

祭員は、総勢22名。
祭典中は、緊張であまり覚えていません(大汗。
先程まで降っていた雨は、すっかりやみ、またもや神宮の御神徳に感謝です。

奉安祭5

会長ということで、真ん中に据えていただきました。

奉安祭を終え、これから「御神木」は上松駅前に2泊いたします。
その間、交代で寝ずのお子守…というか見張りを付け、6月6日まで24時間白衣白袴でお守りします。

御神木見張り

2日間、朝から晩にかけて、横に作られた神楽殿?舞台では、奉納演芸や、催し物が行われました。

奉納演芸

6月6日、「奉送祭」でお見送りをし、「御神木」は伊勢へ出発いたしました。

奉送1

次の目的地、愛知県は犬山「針綱(はりつな)神社」までの道中もお守りするべく、先回りしては日の丸の小旗を配り、到着した御神木をお祓いし次の場所へと移動しますが、休憩場所には老若男女大勢の人が「御神木」を一目見ようと集まっていました。

奉送2

岐阜県の入口で岐阜県に、そして岐阜県から愛知県へと「御神木」の守り役を交代し、私たちは「針綱神社」へ先回り。

針綱神社

「針綱神社」にも、多くの方が「御神木」の到着を今か今かと待っていました。

針綱神社2

「針綱神社」に入った「御神木」。
その前で行われた「奉安祭」に参列し、長野へ帰って参りました。

4日も一緒にいた「御神木」が名残惜しかったです♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

やがて「御神木」は、大勢の人達に見送られ、伊勢に入り、神宮に到着して「御神体」を納める「御樋代(みひしろ)」に加工されます。

この「御神木祭」を皮切りに、平成25年の「神宮式年遷宮」に向け、様々な神事・行事が行われます。

現在、神宮内宮入り口の「宇治橋(うじばし)」の掛け替え作業が行われている頃と思います。
年末には、旧宇治橋の渡り納めとなります。

そして、平成21年、「宇治橋渡り始め式」が行われる予定となっています。
どれも、20年に1度の貴重な機会です。
皆さんも参加してみてはいかがでしょうか?

gremz(グリムス)で木を育て植樹します♪
★エコに繋がる、応援ポチをお願いします!!★
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ

素晴らしい!

本当に良いめぐり合わせでしたね。うらやましい限りです。
御神木については、真清田神社さんでのお木曳きに参加させていただきました。やっぱりこういう行事はその意義ともども次世代にちゃんと伝えてゆきたいですね。

木霊さんへ♪

でしょでしょ!
本当に、凄い偶然、凄い巡り合わせでした。
歴代会長さん等に申し訳なくも思いましたが、精一杯ご奉仕させていただきましたよ (*^_^*)v。

岐阜や愛知では、もっと上(庁単位)で仕切っておられましたので、神青会主体で動ける長野を大変羨ましがられました。
逆に言うと、私たちとしては、もっと上に動いてもらいたかったんですけれどね(大汗。

20年後、どこが当祭事を行うかは分かりませんが、その時にはしっかり引き継いでいきたいと思っています。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/647-e12042b9

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード