FC2ブログ

日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神道Q&A♪ > 喪中のお参り♪  

喪中のお参り♪

2008 - 10/14 [Tue] - 08:11

10位以内に戻りたいです♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

(質問)
当地のお祭りではお神輿を担ぐのですが、何故喪中の人は担いだり参加したり出来ないのですか?
宗教の問題なのでしょうか?

鳥居をくぐったりも駄目だと聞きましたが本当でしょうか?

神輿
駒ヶ根市「祇園祭」にて

(お返事)
喪中に関しましては、こちらの「忌服ブログ♪」をご参照いただければと思いますが、日本人の遠慮深いところ…とでも申しましょうか。

他宗教のように、「あれはしてはいけない、これは駄目」というような決まりがない神道。

日々の規律は、日本人の宗教観に基づいています。
「あれはだめ、これはだめ」ということが書かれた戒律や教典があるということは、それをしてしまうような人がいたということが前提となりますよね。
日本人は昔から、道徳があり、高い徳を求め自分で、または誰となく注意しあい和をもって生活してきました。

そんな中で、喪中でケガレているから、「お神輿を担ぐのは遠慮しよう」、「神社へのお参りは遠慮しよう」そういった気持ちの表れだと思います。

「ケガレ」、以前もブログに書きましたが、一般的に「ケガレ」というと「汚いもの」といったイメージがどうしてもありますが、神道でいう「ケガレ」は、「気(け)」が「枯れる」、すなわち「気枯れ(けがれ)」をさします。

どういうことかと言いますと…。
親しい人が最近亡くなってしまって、悲しい…。
普段の気の状態と違う、気が枯れている、こんな状態を言います。

こんな状態の中で「神様にご奉仕して良いだろうか」、「みんなに迷惑を掛けてしまわないだろうか」、そういった気持ちから「遠慮」してきたのが、「駄目」と考え方に変化してしまったものだと思います。

現代の忙しい世の中、1年は喪に服す…といったような昔とは違い、通常で49日、神道でいう50日を過ぎると、平常の生活に戻されているのが現状だと思います。
もっといいますと、49日も会社を休んでいるわけにはいかないから…と、長くても10日くらいで普通の生活に戻されるのも普通になっています。

ですから、喪中でも、「神輿を担ぎたい」「神社にお参りしたい」というお心があれば、神輿を担いだり神社にお参りしても構いません。
ただ、その時は、お祓いを受けて担がれた方が、自分の気持ちも、自分が喪中だと知っている周りの方の気持ちも晴れるかと思います。

喪中で、そんな場合ではないのに、
役でどうしてもやらなければ…
そんなお気持ちも神様は見ていてくれると思います♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/779-dfacf925

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード