日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 季節♪  

冬至♪

2017 - 12/22 [Fri] - 12:07

「日が短くて…ヤダヤダ」と思うか、
「今日を境に、これから日が長くなる一方だ」
と思うかによって、
考え方物事の捉え方も変わりますよね♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

私の好きな言葉は、「人生は心ひとつの置きどころ」です♪

さて、今日12月22日は「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ、
「冬至(とうじ)」です。

「暦便覧」には、
「日南の限りを行て日の短きの至りなれば也」とあります。

先に言いましたように、
この日が一年中で一番夜の長い(日の短い)日ということです。

今日を境に日が長くなることから、
昔は冬至の日を年の始めと考えたこともあったそうです。

「冬至」には、
南瓜(かぼちゃ)や柚子(ゆず)を用いる習慣がありますよね。

せっかくですから、
その辺を少しだけ掘り下げてみましょう。

「南瓜」は、栄養のある健康によい食品として有名です。

ビタミン源である「南瓜」を食べ、
風邪やしもやけにならないように…
と言った昔の人の思いが込められています。

また、「栄養がある」「健康によい」といったところから
「長生き」の食べ物とも言われ、
「厄除け」の食べ物ともされています。

かぼちゃ

それは日本だけではなく、
外国の行事「ハロウィン」や
「南瓜の馬車」として物語に出てきたりするのは
その辺の意味もあるのかも知れません。

「柚子」は柑橘類、
ビタミンCが多く含まれていますから、
お風呂に入れ「ゆず湯」にして入ると血行が促進され
この寒い時期に最適で「冷え性緩和」などの効果があります。

特に、皮にはビタミンCの他にクエン酸も多く含まれ、
美肌効果もあります。

そして、柚子の香りによるリラックス効果、
そこから疲労回復や神経痛にも効果があるようですよ♪

柚子(ゆず)=「融通(ゆうずう)」がきく、
こんな語呂合せから柚子湯に入ると思われていますが、
もともとは南瓜と同じように
「厄除け」のための「禊(みそぎ)」
という意味があったようです。

強い香で邪気を吹き飛ばす、
そんなところから「お正月」を迎えるに当たり、
「良い年が迎えられますように」
といった意味も込められているのだと思います。

ある地方では、
冬至の日にレンコンやミカンなど
「ん」のつく食べ物を7種類食べると幸福になれる…
ともいわれています。

「運」をつけるという意味で、流行るかも知れませんね(笑♪

「ゆず湯」に浸かって疲労回復、
元気にお正月を迎えましょう♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

12月「師走(しわす)」♪

2017 - 12/01 [Fri] - 06:53

どひゃ~!もう12月…♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

11月もあっという間でしたが、
12月は更にあっという間に過ぎてしまうのでしょうね(汗。

さて、12月を「師走(しわす)」といいます。

「師走」の意味は説明をするまでもないと思いますが、
「師」も走るほど忙しい月…というのが通説となっています。

「師」とは先生のことですが、
普段あまりドタバタしている姿を見せない先生が、
忙しく走り回るほどの月…

といった解釈もありますが、
この「師」とはお坊さんで、
お坊さんがお経をあげるのに忙しい月、
西へ東へと馳せる月、
「師馳す」「しはす」「しわす」となった…
といった説が有力のようです。

他にも、「年が果てる」「年果つ」「としはつ」
「しはつ」「しわす」という説。

農事やすべてのことを「し終える」
「し果つ」「しはつ」「しわす」という説。

「四季が果てる月」を意味する
「四極(しはつ)」からという説。

「一年の最後になし終える」の意味の
「為果つ(しはつ)」からという説など、
様々な説があります。

また、12月を英語で「December」と言いますが
「December」は10番目の月…
12月なのに10番目なのはなぜ?と思いますよね…
実は、その昔のローマ暦には、
農事がお休みの
今でいう1月2月には暦がなかったんだそうですよ♪

今日は、大宮五十鈴神社「新嘗祭(にいなめさい)」です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

勤労感謝の日♪

2017 - 11/23 [Thu] - 17:45

ここのところ、パソコンの前に座っている時間がなく
手抜きブログで大変失礼しております(汗

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今日、11月23日は「勤労感謝の日」。

祝日法では、
「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」日
とされていて各地で様々な行事が執り行われます。

私たちは1人では生きていかれません…
改めてそう考えると、何をするにも
限りない物・人の恵みにより
生かされていることに気付きます。

身のまわりの物に感謝
その物を作ってくれている人へ感謝
その物が出来る課程で使われている物に感謝
あらゆる恵みに感謝する…そんな日が今日であります。

この日の大元になっているのが「新嘗祭(にいなめさい)」、
日本各地の神社では
11月23日に「新嘗祭」を行います。

私の受け持ちでは「大御食(おおみけ)神社」と
東伊那の「高鳥谷神社」が、今日「新嘗祭」を行います。
大御食祈年祭1
「新嘗祭」は、
宮中で天皇陛下が五穀の新穀を
天神地祇(てんじんちぎ・あまつかみくにつかみ)にお供えし、
そして自らも食し、
その年の収穫に感謝するお祭りで
この日にあわせて各地の神社でも行われているお祭です。

薬師寺の元管長・故高田好胤さんが
「天皇陛下が新米を召し上がる前に、
新米を食べるなんて恐れ多い」
とお話しされていたのは有名なお話ですが、
今の世の中は9月頃から新米が流通していて
皆さんも既にその頃から口にされているかも知れません。

先日、11月第3木曜日に
「ボジョレー・ヌーヴォー」が解禁になりました。

11月23日まで新米を「食べちゃ駄目…」
とは言いませんが(笑
外国の風習だけでなく
日本の風習も知っていていただければと思います。

「勤労に感謝」
まさしく日本人らしいと思いませんか?

「労働」の位置づけを考えてみますと
「旧約聖書」には
「アダムとイブ」の禁断の果実の有名な記述にあるように
「旧約聖書」では
「労働」は、
犯してしまった罪に対する罰として与えられた「苦しみ」
という位置づけであります。

しかしながら、我が国では天皇陛下が
この日に宮中で行われます「新嘗祭」で
その年の収穫に感謝されていますが
天皇陛下も自ら
春には苗を植え、稲を育て、米を収穫する…
という労働をしているわけで
「労働」の位置づけとしては
「喜び」「嬉しみ」「楽しみ」
働ける幸せ…といったような位置づけ、それが日本であります。

だからこそ「勤労感謝」という言葉
祝日が出来るような国なのだと思います。

そんな国「日本」だから、
今のような発展に繋がったのだと思いますし
日本の国・日本人の国柄・人柄が出来たのだとも思います。

改めて、今日一日はすべての物・事に感謝したいですね。

「米作り」は「天孫降臨神話」から続くもので
「米」と「日本人」は切っても切れないものなのです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

小雪(しょうせつ)♪

2017 - 11/22 [Wed] - 17:44

11月22日は「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ「小雪」です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

暦便覧には、
「冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるがゆへ也」とあります。

今年は寒さが早そうでして
ここに来て一気に冷え込み
朝は氷点下が続いています。

駒ヶ岳も数日前から雪景色となっていますが
小雪
この日と共に、陽射しは弱まり、
冷え込みが厳しくなってくるそうです。

木々の葉が落ち、
平地にも初雪が舞い始める頃とありますが、
皆さんはスタッドレスタイヤに履き替えましたでしょうか?

油断大敵です、
少し早いと思っても思い切って交換しちゃいましょう!

私も、今年は早めに交換してもらいました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

立冬(りっとう)♪

2017 - 11/07 [Tue] - 16:50

どんどんと日が進んでいきます(汗

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今日11月7日は
「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ、「立冬(りっとう)」です。

暦便覧には
「冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也」とあります。

「立冬(りっとう)」とは、
秋分と冬至の真ん中の日で、
この日から立春の前日までを冬といいます。

最近では、温暖化も進み
「立冬」といえど
まだまだ「秋」と言った方が相応しく感じますが、
今年も秋が短く…
無かったと言っても過言ではないくらいですが
一気に冬が来てしまう感じがするのは
私だけではないと思います。

神職はこの日から、衣替えです♪
一般の衣替えにあわせて
10月いっぴには上っ張り(羽織)は冬用にしていますが
狩衣や浄衣はこの日より冬物にします。

五十鈴神社の木々も、
だいぶ枯れ葉が落ちましたが、
まだまだストックが沢山あります(苦笑。

今年も、もう少ししたら落ち葉を集めて、
美味しい焼き芋を食べたいと思います♪

20071120161602.jpg 20071120161624.jpg 20071120161641.jpg
以前のこの時期のブログより♪)


そのためには、
落ち葉を掃くという大仕事がありますが(汗♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

« | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード